一般社団法人 神奈川県トラック協会 適正化事業部/神奈川県貨物自動車運送業適正化事業実施機関
概要・推進 概要・推進 帳票類 巡回指導 個別出張相談
 
 高度な取り組み・・・。












  第11回

 項目11.その他輸送の安全に関する自主的、積極的、独創的、先進的又は高度な取り組みを実施している。(1点)





 

 何をもって自主的、積極的 (略) 高度な取り組みと評価するかは、全ト協に聞いて下さい。







 ・・・それだけでは不親切なので、多くの事業所でやっている(そして点数が取れている)取り組みを紹介します。













 申請案内にもある【主な事例】の、ドライブレコーダーです。




 今となっては、そこまで先進的でない気もしますが、先進的運行管理システムです。




 付ける資料は、

 ①実際に車両に設置されている写真

 ②設置されている車のナンバーが分かる写真



 ③その車の車検証のコピー
 

 ④ドライブレコーダーの取扱説明書、あるいはカタログ
 

 となります。






 バックアイカメラも、この項目で点数が取れているようです。



 ドライブレコーダーと同じ①から④までの資料を付けると良いでしょう。







「うちにはドライブレコーダー着けてるのが100台あるんだけど、100両分の車検証と写真付けないと駄目なのかな?」

 1両分で大丈夫です。(不安なら複数付けても大丈夫ですが)










「バックアイカメラの説明書なくしちゃったんだよね。
 こんな感じの ↓ 写真付けておけば、性能は分かるよね?



 だから説明書付けなくってもいいかな?」

 『付ける写真にもよりますが、駄目になる場合もあります。取扱説明書でなくてもカタログで良いので付けて下さい』とのことでした。












 上の2つのどちらかを付けておけば点数は取れそうですが、私ならダメ押しで他にもやっていることがあれば付けておきます。




 複数書類を付けて減点にはなりませんし、せっかく取り組んでいるものがあるならアピールするべきだと思います。











 第1回 Gマークの点数
 
 第2回 自認事項11項目・・・の前に
 
 第3回 項目1.事故防止対策マニュアル
 
 第4回 項目2.安全対策会議 項目4.運転者研修
 
 第5回 項目3.荷主企業、協力会社又は下請会社との安全対策会議
 
 第6回 項目5.外部の研修機関、研修会
 
 第7回 項目6.適性診断(一般)
 
 第8回 項目7.安全運行につながる省エネ運転
 
 第9回 項目8.運転記録証明書
 
 第10回 項目9.グリーン経営やISO 項目10.輸送の安全に関する表彰
 
 第11回 項目11.その他輸送の安全に関する~高度な取り組み
 





 お問合せは、

一般社団法人 神奈川県トラック協会内 
神奈川県貨物自動車運送適正化事業実施機関

✆ 045-471-5877まで、お問い合せください。
 
 
    
厳正かつ公正な評価で、「安全性優良事業所」は認定されています。


  
 
 
Gマーク取得のために~トラック時報より~
 
 
所在地
神奈川県貨物自動車運送適正化事業実施機関
〒210-8510
神奈川県横浜市港北区新横浜
2-11-1 トラック総合会館 4階
TEL:045-471-5877
FAX:045-471-5536
地図はこちらから


 
 
 
     


Page Top
Copyright(C) 2011神奈川県貨物自動車運送適正化事業実施機関 All Rights Reserved.