一般社団法人 神奈川県トラック協会 適正化事業部/神奈川県貨物自動車運送業適正化事業実施機関
概要・推進 概要・推進 帳票類 巡回指導 個別出張相談
 
 義務じゃないけどやっている、そういう取り組みが点数になります。












  第7回

 項目6.特定の運転者以外にも適性診断(一般診断)を計画的に受診させている。(2点)





 

 巡回指導の時に、

 「新しく入社した運転者がいますか?」とか、

 「65歳以上の運転者がいますか?」と聞かれたことがあると思います。
 (あと重大事故を起こした運転者)




 これらの運転者は特定の運転者なので、適性診断が義務づけです。




 それ以外の運転者は、実は適性診断は義務ではありません。




 昔は「3年に1度は(一般)適性診断を受けて下さい」と言われたかもしれませんが、今は受けなくても構いません。




 ・・・構いませんと言いましたが、それは通常の巡回指導の時です。






 Gマークでは、この(一般)適性診断を受けている必要があります









 その受ける人数ですが、①、②のどちらかです。
















 ①、②どちらでも良いのですが、②は過去3年間で良いとはいえ、選任運転者の全員分なので数が多くなります。




 よほどのことが無い限り、①の3割以上の方が揃えやすいです。








 ちなみに、ここで言う過去1年間とは申請日からではなく、前年7月2日~本年7月1日までです。



 Gマーク受付の7月1日に慌てて予約しても、受診日は7月2日以降になるでしょうから間に合いません。

 
 毎年6月頃は、駆け込みで予約が取れない状態になるので、早めに計画的に受診しておくと良いでしょう。




 今までの項目と違って、受診するだけで2点取れるので、ここは点数を取っておきたいところです。








 適性診断といえば、自動車事故対策機構(NASVA)や、ヤマトスタッフサプライが思いつくと思います。




 特定診断はこれらでないと受診できませんが、一般診断だけで良いなら損害保険会社や神奈川県トラック協会で借りられるアクセスチェッカーを使うのも手です。

(アクセスチェッカーも、毎年6月頃は競争率が高いのですが・・・^^;)














 第1回 Gマークの点数
 
 第2回 自認事項11項目・・・の前に
 
 第3回 項目1.事故防止対策マニュアル
 
 第4回 項目2.安全対策会議 項目4.運転者研修
 
 第5回 項目3.荷主企業、協力会社又は下請会社との安全対策会議
 
 第6回 項目5.外部の研修機関、研修会
 
 第7回 項目6.適性診断(一般)
 
 第8回 項目7.安全運行につながる省エネ運転
 
 第9回 項目8.運転記録証明書
 
 第10回 項目9.グリーン経営やISO 項目10.輸送の安全に関する表彰
 
 第11回 項目11.その他輸送の安全に関する~高度な取り組み
 





 お問合せは、

一般社団法人 神奈川県トラック協会内 
神奈川県貨物自動車運送適正化事業実施機関

✆ 045-471-5877まで、お問い合せください。
 
 
    
厳正かつ公正な評価で、「安全性優良事業所」は認定されています。


  
 
 
Gマーク取得のために~トラック時報より~
 
 
所在地
神奈川県貨物自動車運送適正化事業実施機関
〒210-8510
神奈川県横浜市港北区新横浜
2-11-1 トラック総合会館 4階
TEL:045-471-5877
FAX:045-471-5536
地図はこちらから


 
 
 
     


Page Top
Copyright(C) 2011神奈川県貨物自動車運送適正化事業実施機関 All Rights Reserved.