一般社団法人 神奈川県トラック協会 適正化事業部/神奈川県貨物自動車運送業適正化事業実施機関
概要・推進 概要・推進 帳票類 巡回指導 個別出張相談
 
 荷主だけが相手先ではありません。












  第5回

 項目3.荷主企業、協力会社又は下請会社との安全対策会議を定期的に実施している。(2点)





 

 項目2、4では、自社の運転者を対象にしてましたが、この項目3では他社との会議が求められています。




 その会議内容も、車両の交通事故防止についての会議でないといけません。





 「荷主と会議はするけど、製品についての事が大部分だなぁ」

 「(荷主)構内での荷扱い、構内での事故防止がほとんど」

 という声をよく聞きます。





 構内作業、荷扱い、フォークリフト等は残念ながら点数にならない可能性が高いです。
          



 荷主は『荷物』が大事なので、どうしても荷物についての会議になります。






 ・・・もう一度、この項目を見てみましょう。




 荷主企業、協力会社又は下請会社との安全対策会議を(略)




 自社以外の会社というと、まず荷主が頭に浮かぶと思いますがGマーク書類にはあまり適さないことが多いです。(全ての荷主がそうだと言うわけではありません)




 それなら同じ運送会社 (そちらもGマークを持ってる、取る予定だとベスト) 道路上の交通事故防止について会議する方が簡単です。






 とはいえ、過去1年間に同じ相手と2回以上会議をしてないといけないので、計画的に実施していないと厳しい項目かもしれません。
(過去3年間で毎年1回以上でも良いのですが、そちらの方がもっと計画的にやってないと・・・)









 このページをあなたが見ているのが何月かは分かりませんが、5月、6月と連続開催しても1年間に2回以上になりますので、付けられる書類は付けておきましょう。







 第1回 Gマークの点数
 
 第2回 自認事項11項目・・・の前に
 
 第3回 項目1.事故防止対策マニュアル
 
 第4回 項目2.安全対策会議 項目4.運転者研修
 
 第5回 項目3.荷主企業、協力会社又は下請会社との安全対策会議
 
 第6回 項目5.外部の研修機関、研修会
 
 第7回 項目6.適性診断(一般)
 
 第8回 項目7.安全運行につながる省エネ運転
 
 第9回 項目8.運転記録証明書
 
 第10回 項目9.グリーン経営やISO 項目10.輸送の安全に関する表彰
 
 第11回 項目11.その他輸送の安全に関する~高度な取り組み
 





 お問合せは、

一般社団法人 神奈川県トラック協会内 
神奈川県貨物自動車運送適正化事業実施機関

✆ 045-471-5877まで、お問い合せください。
 
 
    
厳正かつ公正な評価で、「安全性優良事業所」は認定されています。


  
 
 
Gマーク取得のために~トラック時報より~
 
 
所在地
神奈川県貨物自動車運送適正化事業実施機関
〒210-8510
神奈川県横浜市港北区新横浜
2-11-1 トラック総合会館 4階
TEL:045-471-5877
FAX:045-471-5536
地図はこちらから


 
 
 
     


Page Top
Copyright(C) 2011神奈川県貨物自動車運送適正化事業実施機関 All Rights Reserved.