一般社団法人 神奈川県トラック協会 適正化事業部/神奈川県貨物自動車運送業適正化事業実施機関
概要・推進 帳票類 Gマーク 巡回指導 個別出張相談
ホーム >適正化事業の概要・推進
適正化事業実施機関とは…


関東運輸局長より指定機関に指定されています。
 貨物自動車運送事業法に基づき、事業者の遵法意識の高揚や貨物運送事業に関する秩序の確立を図るため、地方運輸局長に指定された民間団体の自主的な活動機関として各都道府県に設置されています。


運送事業に係る身近な相談機関。
 運送事業に従事する皆様の多岐にわたる事項について、相談出来る窓口を設けています。
 事業を適正に行うにあたって、分からないことや困ったこと等があった場合には、気軽に相談して頂けます。どうぞお気軽に活用下さい。


適正化事業実施機関の仕事
(貨物自動車運送事業法第39条、第39条の2、第39条の3に基づく)
適正化事業実施機関は、以下の活動を行うに当たり、事業者に対して必要な書類の提出等を求めることができ、当該事業者は、この求めに対して正当な理由なく拒んではならないことになっています。

1.貨物自動車運送事業者に対する指導
巡回指導や街頭パトロールなどを通じて、事業者が法令を遵守し適正な事業を行えるよう、注意喚起や指導を行います。
巡回指導の結果、法令を遵守してない場合などは、行政による監督(監査指導)が実施されることがあります。

2.無許可運送行為防止の為の啓発
自家用貨物自動車による営業類似行為(白トラ) を防止するための啓発活動を行います。

3.その他の啓発活動
貨物自動車運送に関する秩序の確立の為の啓発活動を行います。

4.苦情処理活動
貨物自動車運送事業者や荷主からの苦情等への対応を随時行っています。

5.行政への協力
当該法律の施行のために行う各種の行政の措置に対して協力を行っています。





適正化事業の推進計画


 
適正化事業の推進にあたり、行政並びに全国適正化実施機関との連携を密にして、新規許可事業者に係る新規巡回指導の強化並びに各種関係法令の改正等を含む周知の徹底と輸送の安全確保に向けた指導内容の充実強化を図るとともに、指導員の専門職としての資質向上に努める。
 また、新たな「適正化情報管理システム」の稼働を機に多岐にわたる情報を一元化し、効率的な適正化事業を行うための情報収集・分析等に活用する。
 



 
巡回指導評価の芳しくない事業所等を対象にしている従来からの「適正化事業フォローアップ研修会」と併せ、グループ討議方式による「参加型フォローアップ研修会」等も開催し、関係法令等の周知について事業者の立場に立った対応を図る。
 また、会員事業者の巡回指導評価の向上に努める施策として、新たに「運送事業の適正な運営について」の研修会を開催し、コンプライアンス再確認の機会を図る。



 
安全性評価事業について、当初の推進計画の目標達成には至らなかったが、認定事業所数は大きく伸びているため、今まで以上にきめ細かく取得支援をしていくとともに、新たな認定取得推進計画を策定し、新規申請事業者の掘り起こしと「更新事業者を対象とした勉強会」等を開催するなど、早い段階からの認定取得支援を行う。
 また、行政によるGマークの長期認定継続事業所表彰への推薦と共に、従来からの神ト協独自の「長期認定事業所顕彰」も引き続き実施する。





 
 
初任の運行管理者を対象に、基本的な運行管理業務の実務等を習得してもらうための研修会を引き続き実施する。
 また、各地のサービスセンターを定期的に活用するなど、会員事業者がより利用しやすい相談窓口の設置や、きめ細かい出張相談等の方法を図る。





 輸送の安全確保並びに関係法令等の遵守徹底を期すとともに、荷主企業等の理解を得るための「物流セミナー」や、事業の適正化をテーマとした「適正化研修会」等を開催し、事業者が行うべきコンプライアンスについての理解を得るとともに、きめ細かい事業者支援と周知を図る。
 また、「運輸安全マネジメント」の取り組みについては、引き続き、全ての事業者に義務付けられていることの周知に努める。
 

所在地
神奈川県貨物自動車運送適正化事業実施機関
〒210-8510
神奈川県横浜市港北区新横浜
2-11-1 トラック総合会館4階
TEL:045-471-5877
FAX:045-471-5536
地図はこちらから

Page Top
Copyright(C) 2011神奈川県貨物自動車運送適正化事業実施機関 All Rights Reserved.